ビルドを再形成する上で、おさらい的な覚書を…。
あくまで自分やその周囲見ての事なので、違ったりもっとあると思います。

これは只の覚書なので(考察未満)、
攻略記事でも何でもなく、誰かに“ゼッタイこうしろ”というものではありません。


    ■ ディビジョンやパワフルケアのような味方殴って回復する系
    • 仲間の張った盾を壊す事になる
    • 被ダメの攻撃系パッシブ(一閃/天罰覿面等)誘発による事故も多い
    • 回避型に避けられると、その分回復源も少なくなる
    • 単純にキャライメージ的なモノ(「元気玉系のイメージすればいいんじゃね?」って意見も)
    • 当然だが火力の少ないキャラがやると無駄(実証済)等のデメリットも幾つか
    • 運用条件が意外と難しく、“強い”というだけで使うと事故も多いが、上記の条件をクリアして使えば、使う人次第で物凄く回復する為、極端にMHPの低い仲間の被弾が激しい時や、ヒーラー不足時、ヒーラーが回復してからディビジョンでMHPを満面なくする等、メリットも多い
    • オードブル辺りと相性が良さそう(だが持ってない)
    ■仲間への異常付与(カオスムーン)
    • 異常無しの場所で加速の種としてもカオスムーンが用いられるが、アタッカーには嫌う人も多い
    • ただ、これはメリットの方が多く、愛用しているコンビの人(片方はアタッカー)に話を聞いたら、
      カオスムーンを軸にしたAT増加手段のひとつと割り切り、アタッカーさんは確率発動のパッシブは殆どつけていないらしい
    • 仕様変更後、カオスムーンLv3をリンクスキルとして使ってみた感じ、高相互で多発しても、サニティ使いが3人居たりすると、1人に殆ど回らない事もある為、修正前よりもアタッカーへの懸念が減ったかもしれないと見ている(混乱気にするアタッカーは、耐乱などの自衛推奨)
    ■供犠潰しスキル系
    • 供犠→ガストなどによる自分重傷スキルの発動封じになる為、以下のスキルは使用時注意
    • 適者生存/地久などのターン開始時発動
      ギプス品の場合、あれば無効化しないでもそのまま使えるが、供犠使いが居る場合は無効化するか、AP貯めて習得が良いかもしれない
    • リンク時の回復スキル、もしくはリンクスキル後の回復スキル
      特に自分より行動順の速い人へのリンク発動時に供犠潰しになる事も
    • 敏捷の高いアタッカーによる、紅雨ディビジョンや回復スキル
      供犠は敏捷が高い程、失敗のリスクが減る(上記。供犠を使うくらいなら、最低でもヒーラーより足が速くないと遠慮無く回復しマッスル(むきゃ)。←たまに敏捷ヒーラー居るので注意
    • この辺りに関して、供犠使いにD返しはしない方がいいのかな?とたまに悩む事も…(ヒーラー目線)
    • 供犠対策はあまり詳しくない為、その内詳しい人に聞くかも
    ■仲間の強化奪取
    • 今の所ティエラのみだが、強化時条件でスキルを使っている人も多いので注意
    • 強化過多になる状況(異常の多い場面でサニティや清輝使用)でのサブ回復手段くらいの方が良いかも知れない
    ■(仲間への)連続増
    • ホールゲイルやラグナロクなどの味方へ影響する加速スキル全般
    • 便利だが、仲間のSP補給源が充分でないと、MSPの少ない仲間は渇望を起こす事もあるので注意
    • 技の枚数が少ないと、SPが残っていても弾切れの原因になる事も(特に通常時スキル)
    • 高リンクの相手の場合、リンクスキルを誘発し易いので、それを利用するユーザーも少なくない
    ■(仲間への)連続減
    • オードブルのような、回復後の連続減
    • オードブルはそれが余りある程の回復量なので、あると良いかも
    • 複数人によるホールゲイル等と合わせて使えば、然程気にする事もないかも?
    ■EVA/MEVA増
    • 漆黒に対し、用心棒の基本スキルなどが挙げられる(漆黒に対しウィローやフォーチュンは影響ない)
    • タイミングが悪くなければ被る事がないが、被ると増加率が漆黒より下がる
    • その辺りは、関連サイトの方が詳しいので割愛
    • トロイメライとは相性が抜群に良い
    ■重甲/SPD減
    • 後手での攻撃/回復が出来る為、それを用いた作戦を取りやすい。
      (後手アタッカーの場合、相手ヒーラーより後の攻撃で弱敵を沈め易い/それらの敵より遅いヒーラーの場合はダメージを回復して駒落ちを防ぐのに大きい)
    • が、SPD減を伴う重甲やスキルは、連続行動回数に響くSPDを下げる為、連続行動しづらくなるのも隠れたデメリットである

    一通り並べて、メリットデメリットもあげてみたところ、
    全部の型に対応するサポートビルドにするのは無理があるという答えに。

    久々にない脳みそ絞って書いたので、知恵熱が出そうむー_(:3 」∠ )_